アイヌ新法案に対する抗議書 A critique of the new Ainu Bill

 
アオテアロア・アイヌモシリ交流プログラム実行委員会は、2012年発足以来、2回のアオテアロア/二ュージーランドでの研修、3回のマオリのリーダー達を日本へ招聘して研修を実施し、マオリの人たちのさまざまな取り組みを現地や国内で学び、アイヌ民族としての未来をどう切り拓くかを考え、実践してきました。
Since the launch of our program in 2012, we, the members of the Aotearoa Ainumosir Exchange Program Committee, have conducted two study tours in Aotearoa /New Zealand and three study tours inviting Maori leaders to Japan. We have seen and learned about the various initiatives of Maori people, thought about how we can open the way to the future as Ainu and put into practice what we learned.

オリの人たちは1970年代から始まったマオリ復興運動を通して、世界に冠たる先住民族政策を獲得してきました。現地で彼らの自立した運動のあり方に直接触れて、アオテアロア研修に参加した私たちアイヌの心は大きく揺さぶられました。マオリ復興には、ワイタンギ条約、全人口の15%に上るマオリ人口など、アオテアロア/ニュージーランド固有の条件が寄与したことを私たちは知っています。アイヌ民族にはそうした条件はありません。しかし、だからと言って、マオリ民族が到達した頂を私たちが目指してはいけないと誰が言えるでしょうか。国の政策によって土地・資源・生業をはじめとしてアイヌとして生きるためのすべてを奪われた私たちの民族復興は、日本の国・社会のなかに復興に有利な条件があろうとなかろうと、国はその実現に向けて総力をあげて努力する義務を負っています。先住民族の権利回復はいまや国際基準となっています。
Maori people have achieved in creating world-renowned indigenous policies through the Maori revitalization movement starting from 1970s. Those Ainu who have directly learned about Maori’s self-organized movement in Aotearoa were deeply inspired. We know that conditions specific to Aotearoa, such as the Waitangi Treaty, and the Maori population being over 15 % of all of New Zealand, have contributed to the success of Maori revitalization. However, who can say that we cannot aspire to the kind of successes that the Maori have enjoyed? Government policies stripped us of everything we needed to be able to live as Ainu, including land, resources and ways of living. This makes the government responsible to initiate full-scale efforts to realize Ainu revitalization, regardless of whether or not favorable conditions for revitalization exist in the government or in Japanese society. Restoring the rights of indigenous people has become priority for many countries around the world and Japan, as a developed nation, ought to step up to the mark.

先住民族の権利に関する国連宣言が謳う先住権は集団権である、日本国憲法には集団権の規定がないという意見が聞かれます。もし、このことがアイヌ復興の基盤である先住権付与の隘路であるとすれば、それがためにアイヌ民族に先住権は付与できないと言うのではなく、その隘路をいかに取り除くかを国はアイヌとともに考えるべきではないでしょうか。 
The indigenous rights stipulated in UN Declaration of Rights of Indigenous Peoples are collective rights, and some are of the opinion that the Constitution of Japan has no provisions regarding collective rights. If this is the obstacle to granting indigenous rights — the foundation of Ainu revitalization — the government is obliged to collaborate with Ainu to pursue a way to eliminate this obstacle.  

私たちはマオリの兄弟姉妹から多くのことを学びました。その経験を踏まえて、いま私たちは新たに公表された「アイヌ新法案」に対峙しています。先進国日本の先住民族政策は、他国に影響を及ぼすに違いありません。国際基準を満たす先住民族政策を勝ち取ることは、私たちアイヌのためであると共に、先住民族の権利回復を求めて闘っている世界の同胞に対する責任でもあると考えています。  
We have learned much from our Maori brothers and sisters. Our experiences with them still fresh in our mind, we are now confronted with a “new Ainu Bill” that was recently made public. The indigenous policies of Japan, a developed country, will influence those across the world. Therefore, achieving the establishment of indigenous policies that meet international standards is not only important for us Ainu, but at the same time, it is our responsibility to our brothers and sisters who are fighting to gain indigenous rights around the world. 
   
Taking into consideration the realities of Ainu society, the we humbly present here in the following points as to why this new Ainu bill is both inappropriate and unsatisfactory.



2018年9/22(土)札幌 9/27(木)新横浜 講演会のお知らせ


 アオテアロア・アイヌモシリ交流プログラムを構想されたテ・ウルロア・フラヴェルさん、エラナ・ホンド-フラヴェルさん夫妻による講演会を開催します。9月22日は、札幌の北海道大学学術交流会館小講堂にて、9月27日は、新横浜のスペース・オルタにて行います。
 テ・ウルロアさんは前マオリ発展省大臣で、8月にアオテアロア大学学長に就任されたばかり、またエラナさんもコミュニティの活動家として様々な取り組みをされています。大変お忙しいお二人が長年取り組んで来られたマオリ語、マオリ文化復興運動についてお話ししてくれます。詳しくは、以下のチラシをご覧ください。